| Home | 展示会情報 | 設立趣旨 | センター概要 | 事業(活動)内容 | 会員システム | ブラジル情報 |

過去開催セミナー

  • 2013年1月28日(月)
    第一部 ブラジル自動車業界の動向と自動車部品業界の展望
    第二部 現地コンサルタントが語るブラジルビジネス成功の鍵

  • 2011年2月16日(水)
    第3回(入門編) 『日本企業にとってのブラジル ~進出企業の実態と今後の可能性~』

  • 2011年1月20日(木)
    第2回(入門編) 『ブラジルの主要産業と消費市場 ~他の新興国との違いは?~』

  • 2010年12月6日(月)
    第1回(入門編) 『今なぜブラジルか? ブラジルの今・真の姿』
HOME > 展示会情報

展示会レポート  AUTOMEC視察報告(2013.4.16~20)

AUTOMEC(自動車部品、機材&サービス国際見本市)
11ª Feira Internacional de Autopeças, Equipamentos e Serviços


開催時期(期間) 2013年4月16日~20日
開催時間 10:00 - 19:00
会場 アニェンビー展示場(サンパウロ州 / サンパウロ市)
当日入場料 R$50.00
前回規模 78,000 m2
出展者数 1,200社(31ヶ国)
ビジター数 70,000人
ホームページ     http://www.automecfeira.com.br/Home/
ラテンアメリカで最大の自動車部品とサービスの国際展示会で、2年に1度の開催となります。
自動車部品、アクセサリー、修理、メンテナンス、チューニング、ITシステムなど、自動車部品業界における様々な専門分野が一同に集結します。


2013年4月16日から20日まで、サンパウロ市のアニェンビ国際展示場にて、リード・エグジビション・アルカンタラ・マッシャード主催による中南米最大の自動車部品見本市「第11回サンパウロ国際自動車部品及び関連サービス見本市(AUTOMEC2013)」が開催された。出展者は、中南米全体より約1,200社、来場者も約72カ国から7万人以上が訪れた。乗用車の販売数で世界第4位、近々日本を抜くと言われるブラジルは、世界中の部品メーカーにとってホットな市場となっている。近年、自動車市場においては韓国、中国メーカーに押され気味だが、これは部品業界も同様。これまで日本の自動車メーカー対応としての進出の色合いが濃かった日本の自動車部品メーカーも、日本車のシェアが伸び悩むブラジル市場での戦略見直しを迫られている。今回のAUTOMECには、大手から中小まで、従来の殻を破って新しいステージへと向かう多くの日本企業が初出展した。

(写真はクリックで拡大)

展示会場内全体イメージ

 

 



中国、台湾、韓国パビリオン

 

 

常にデモカーに人だかりの大人気のアイシンブース

 

 

大反響のスターブース

 

 

展示会場内